ある程度の痛みは我慢

女性

全身脱毛を行う際、どうしても気になるのは痛みでしょう。毛根の機能を止めるためにレーザーを照射するため、痛みはどうしても発生してしまうものです。しかし、皮膚の強さや健康状態は人によって様々なため、施術を受ける人に合わせて照射の出力を変えてくれます。今のようにレーザー脱毛が一般的では無かったころ、ニードル脱毛が主流でした。ニードル脱毛はレーザー脱毛に比べると脱毛自体の効果は高いものでしたが、それと引き換えにかなりの痛みを感じる施術でした。痛みに耐えられず、多くの女性が脱毛を断念したという話も珍しいことではありません。しかし、レーザー脱毛が登場してからは、痛みによって施術を止めたという人は少なくなっています。脱毛技術の向上により、感じる痛みは我慢できるものとなっているのです。

脱毛で一番痛みを感じる箇所は、やはりデリケートゾーンであるIラインやO(ヒップ奥)です。粘膜に近い部分は敏感なため、強い刺激に弱いのです。また、普段は下着などでガードしている箇所のため外的な刺激にも慣れておらず、ほかよりも痛みを感じてしまうとされています。痛みに関しては個人差があります。皮膚が薄い箇所はどうしても刺激を強く感じてしまうため、お腹や胸などの方が痛いと感じる人もいます。しかし、全身脱毛は一回の施術で終わることはないため、何回か施術を受ける必要があります。受ける回数が増えるにつれ感じる痛みにも慣れるため、初回を乗り切れればその後の心配はないでしょう。美容外科などで行う医療脱毛の痛みに耐えられないという人は脱毛サロンなどで行われているフラッシュ脱毛を選択しても良いでしょう。しかし、長期的に確かな効果を得たい場合にはやはり美容外科が良いです。麻酔をして施術を行ってくれるクリニックもあるため、カウンセリングの際に相談してみましょう。